キャッシング

キャッシング利用はどこがいい?種類は【3ジャンル】の秘密を開示!

2019年3月15日

キャッシングはどこがいいのかの画像です

キャッシングの種類には色々あります

私たちが金融機関からお金を借りる場合、クレジットカードに付随しているキャッシング機能を使うか、消費者金融からお金を借りるか、はたまた銀行からお金を借りるかなど、複数の方法がありますよね?

もっとも、どの方法でお金を借りるにしても、その前にクレジットカード審査やキャッシング審査、さらにはカードローン審査など、越えなければならない大きな壁が立ちはだかっているのはあなたもご存知だと思います。

ですので、金融機関からお金を借りる場合には、事前に自分の属性情報や信用情報を確認して、審査に通りそうな金融機関の金融商品に申し込む必要がありますが、金融商品によっては複数の種類があるのです。

特に、私たちがお金を借りるためには一番身近なキャッシングです。

実は複数の種類がありそれぞれに特徴がありますので、今回の記事で説明していきますね。

消費者金融系キャッシング

消費者金融系のキャッシングと言えば、テレビCMでお馴染みのアコムやアイフル、プロミスやモビット、レイクなど、私も含めて昔から知っている方も多いのではないでしょうか?

ただ、以前はもっと多くの消費者金融系のキャッシングがありました。

近年では総量規制や過払い金請求などにより業績に悪影響が出た消費者金融も多く、銀行の傘下に入る消費者金融や廃業した消費者金融も多くなっています。

しかし、この消費者金融系キャッシングは、その借りやすさで昔から私たちの身近な存在となっているのも事実です。

毎月計画的に借りる事が出来ればキャッシングとしては一番魅力的かも知れません。

消費者金融系キャッシングのメリット

■審査→融資までのスピードが速い

消費者金融系キャッシングのメリットで一番大きなものが、その審査スピードの速さです。

消費者金融系のキャッシングでは、PCや携帯からのネット申込や自社ATMによる自動契約機が主流となっています。

審査から融資まで最短即日という会社がほとんどです。

つまり、急な出費でお金が必要になった場合には、消費者金融系であれば最短即日融資が可能となっています。

審査に通りさえずればすぐにでも近所の自社ATMや提携ATMからお金をすぐに借り入れる事が可能となっています。

この審査から融資までの速さは他のキャッシングでは真似が出来ません。

そこが消費者金融系キャッシングの大きなメリットとなっています。

■自社ATMや提携ATMが豊富

消費者金融系キャッシングでは、お金に困った時にはすぐに借り入れ可能をモットーとしています。

自社ATMはもちろん、コンビニや銀行ATMなど私たちの身近に提携ATMが豊富になります。

ですので、

ちょっとした借り入れの際にも近くのATMを利用する事が可能となっていますので、私たちにとってはとても身近な存在となっています。

消費者金融系キャッシングのデメリット

■金利が高い

昔から消費者金融系キャッシングは、金利が高く一時は年利29%前後までありました。

その後設定された利息制限法によって現在では年利約18%前後まで下がっています。

ただ、これは銀行系キャッシング(カードローン)と比べると3〜4%程度高くなっています。

まだ消費者金融系キャッシング=金利が高いというイメージが付いて回っています。

しかし、消費者金融系キャッシングでは他のキャッシングには無い無利息期間を設けている金融機関もあり、初回限定で30日程度の借入であれば利息が付かないというサービスもあります。

こういったサービスをうまく活用すれば利息の節約にもつながります。

■総量規制の対象になる

消費者金融系キャッシングは貸金業法による制限を受けますので、総量規制の対象になります。

つまり、年収の1/3以上の借入を行う事が出来ませんので注意が必要です。

また、50万円以上の借入を希望する場合には、収入証明が必要になりますので注意が必要です。

信販系キャッシング

この信販系キャッシングですが、楽天カードやオリコカード、イオンカードなど、クレジットカードに付随しているキャッシングの事になります。

通常クレジットカードには、申込の際にキャッシング枠を設定しない、または金融機関の判断によりキャッシング枠が設定されない場合を除いて現金の借入が可能なキャッシング枠というものが付いています。

そして、このキャッシング枠ですが、顧客の信用力によって違いがあり、10万円〜50万円程度まで設定されている場合がほとんどになります。

まあ、クレジットカードにキャッシング枠があれば、急な出費に困った際にも近所の提携ATMで気軽にお金を借りる事が出来ますので、利便性は十分あります。

信販系キャッシングのメリット

■提携ATMが多い

消費者金融と同様に、信販系キャッシングでは銀行やコンビニなど提携ATMが多くあります。

急な出費の際にもクレジットカードにキャッシング枠が付いていればすぐにキャッシングを利用する事が可能となっています。

信販系キャッシングのデメリット

■金利が高い

信販系キャッシングでは、消費者金融系キャッシングと同様に金利を利息制限法の上限程度に設定している金融機関が多いです。

年利にして18%前後の金融機関が多くなっていますので、キャッシングを行う際には年利を確認した方が良いです。

また、信販系では消費者金融系にあるような初回無利息期間というものがありませんので、この点にも注意が必要になります。

■カード発行までの期間が長い

クレジットカードにも、審査〜カード発行まで最短即日というものがありますが、これはごく一部のカードのみとなっており、大抵の場合には審査〜カード発行まで1〜2週間程度掛かります

ですので、クレジットカードを持っていない方が急な出費でお金が必要になった場合には、信販系よりも消費者金融系の方が利便性が高くなります

銀行系キャッシング(カードローン)

この銀行系キャッシングですが、当案内所では銀行カードローンとして取り扱っています。

ただ、ここでは分かりやすいように銀行系キャッシングとして説明します。

もっとも、キャッシングとカードローンは名前は違えど使い方はほぼ一緒になります。

それで、この銀行系キャッシングですが、三井住友銀行や三菱東京UFJなどの銀行や信用金庫などが提供しているキャッシング(カードローン)の事になります。

銀行になりますので、銀行や提携ATMで借り入れ可能となっています。

銀行系キャッシングのメリット

■金利が低い

銀行系キャッシングの一番のメリットは何と言ってもその金利の低さにあります。

大抵の銀行では金利を14%〜15%に設定していますので、消費者金融系や信販系と比べて2〜3%程度低くなっています

また、銀行系では借入額が消費者金融系や信販系と比べ多めに設定する事が可能となっており、借入金額が多くなればなるほど金利が低く設定されている場合がほとんどになります

某大手銀行の場合、借入金額400万〜500万円で最低金利が約2%に設定されていますので、これは大きな魅力になります。

ただ、そこまで借り入れる方ってかなり限定されるとは思います。

ただ、これは消費者金融系にも当てはまりますが、借入金額が大きくなればなるほど金利は下がっていく傾向があります

■総量規制の対象外

これは以前の記事でも説明しましたが、消費者金融系と信販系は貸金業法、銀行は銀行法の制限を受けますので、銀行系キャッシングは貸金業による総量規制の制限を受けません。

ですので、年収の1/3以上のお金を借り入れる事が可能となっています。

極端に言えば、年収300万円の方が消費者金融系や信販系よりも先に銀行系から100万円を借りてから、消費者金融系や信販系からも100万円を借りる事も可能になっています。

もっとも、この方法を実践するためには、最初にして最大の難関でもあるキャッシング審査に通る事が絶対条件になります

銀行系キャッシングのデメリット

■審査難易度が高め

キャッシング審査の最初にして最大の難関が審査になりますが、銀行系キャッシング審査は消費者金融系や信販系よりも金利が低いため、審査難易度が高めとなっています

まあ、金利が低いという事は、銀行としても利息で得られる利益が少なくなりますので、貸し倒れを防ぐという意味でも審査の時点で顧客を選ぶという事は当然と言えばそうかも知れません。

多額の融資をしていた顧客が貸し倒れにでもなってしまっては、銀行にも多額の損失が出る可能性がありますので、これは仕方ありません。

キャッシング利用はどこがいいの:まとめ

いかがでしたでしょうか。

キャッシングの種類には3ジャンルある事が分かりましたので、お借り入れの時には参考にしていただいて考えてみてくださいね。

-キャッシング
-,

Copyright© あこがれの未来を作る , 2019 All Rights Reserved.